不用品回収

不用品回収で気をつけること

作業員

先日家の中が物で溢れたと思い、もう必要ないだろうと思った勉強机やオーブン、椅子を不用品回収に出しました。
家のポストにチラシが入っていたり、近くにリサイクルショップがあったりと、回収してもらう手段はたくさんありましたが、ものが重かったためチラシが入っていた業者に回収してもらうことにしました。チラシにかかれていた電話番号にかけると、回収に来るということで待っているとすぐに来ました。「それではお願いします~」とお願いすると、「机とオーブンと椅子で…1万5千円になります」と。「え?お金取るの?」と驚き、「不用品回収でリサイクルでしょ?」と聞くと、「いや、廃棄するんで」という話。聞いてないよ~というかしっかり調べていなかった自分がいけないのですが、さすがに1万円強は痛いので、丁寧にお断りをして事なきを得ました。
ただ、中にはわざわざ呼んでおいて、帰れはないだろとしっかり請求してくるところもあるかと思います。知り合いとかにも聞いてみましたが、そういうトラブルも中にはあるようです。不用品回収をする際には、「リサイクル」で再販するのか、「廃棄」になってしまうのか確認し、回収に対して料金がかかるのかどうかはしっかりチェックしたほうがよさそうです。

ピックアップ

  • 積まれた段ボール

    不用品回収を利用する人とは

    不用品回収を利用する人は、引越しをする人だけだと思う人も少なくありません。今まで必要だったものが必要にならなくなる時と言うのは住居が変わる時、引越しをするような時が多いからで…

  • 部屋

    大阪で不用品回収を依頼した時の話

    今日は大阪で家の片づけの為に不用品回収を依頼した時の話です。不用品回収を依頼する事になった経緯は、別荘に移り住むことになった為です。長い事ほったらかしにしていた、別荘…

  • 作業員

    不用品回収で気をつけること

    先日家の中が物で溢れたと思い、もう必要ないだろうと思った勉強机やオーブン、椅子を不用品回収に出しました。家のポストにチラシが入っていたり、近くにリサイクルショップがあ…

  • トラック

    不用品回収業者の利点

    どこかで「不用品を回収します。」といった業者のチラシや看板を見たことがありませんか?時には軽トラックで宣伝をしながら町中をまわっていたりと誰もが一度は見かけたことがあると思い…

Copyright © 2016 不用品回収の料金を事前にきちんと確認し、賢く利用する All Rights Reserved.